私の入院生活

私の入院生活

私の入院生活

私は、小学生のころに「泉熱(イズミネツ)」という感染病が流行り入院したことがあります。「泉熱」とは、エルシニアという菌を持った動物の出した便などで汚染された井戸や川の水を飲むことで感染するとのこと。今思えば恐ろしい。なんで、流行ったんだろう?給食とかからだったんだろうか?全然覚えていないのですが。

 

6人部屋?だったかの病室の半分以上が同じ小学校の生徒だったのは覚えています。

 

最初は苦しかったのかもしれないけどあんまりその辺は覚えていなくて、初めての入院だったので、お母さんを一人占めしているとか、すごくのんびりしていて楽しかった記憶があるんです。たぶん熱はあって、点滴でもしてたのかな~?でも、子供なので回復も早かったのか体調はそんなに悪かったイメージがなく。暇があれば売店なんかに出かけては、好きなお菓子を買って食べていた気がします(笑)。先生や、看護婦さんも優しいイメージが強くて。そんな入院生活が初めてだっただけに、出産時の入院もなんだかわくわくしたのを覚えています。基本グータラな性格なので、ゴロゴロしながら好きなことしていればご飯が出てきて、眠たくなったら寝て。みたいな感じが最高~!!って。

 

確かに出産してるから自分の事だけじゃなかったですけどね、主婦業をお休みできたのは結構楽しい感じがしました。最近の病室には4人部屋でもテレビが一人づつついていて見れるし!(昔はなかった気がする。病院にもよるかもだけど)。院内に図書館みたいなのがあって本を借りてきて読めたり(出産時はそこまで余裕はなかったですが・・・)。痛かったり辛かったりしたのは忘れて入院生活はいいことばかり覚えている私でした。


ホーム RSS購読 サイトマップ